BLOG

ブログ

マルチーズ

どう考えても、ベビーチーズの一種かと勘違いします。
あ、丸いチーズね、ってなりますよね?
名前だけ聞いて、マルチーズ=犬の名前って普通繋がらないでしょ!?
知ってるから犬ってわかるけどさ。
それにしてもなんとも可愛いらしい名前。
マルチーズって。。。
美味しそう。
そんなマルチーズ。シーズーとそっくり!
フルコートにした姿なんて、間違い探しもんですわこれ!
でも完全に別物なんです。生まれた場所も全く違いますしね。
マルチーズとシーズーはミックス犬もいます。
その名もマルシーズー。
フュージョンした悟空とベジータがゴジータというのと同じくらい安易な名前ですが、
シンプルイズベストってことで。
ちなみにマルチーズはなんと紀元前からの記録が残っているんですよ!
かの有名な哲学者、アリストテレスもマルチーズについて言及しているらしいです。
そんなマルチーズですが、やはり紀元前から古代ギリシャでは貴族に飼われていたそうです。
シーズーも中国で宮廷で寵愛され、マルチーズもギリシャで寄贈に飼われ・・・
そこらへんの人間よりいい暮らしをしていたわけですね。
犬のくせに!!!
と悔しさを漏らした人もいた事でしょう。そんなこと言ったら、犬公方徳川綱吉が許しませんぞ!
ちなみにクレヨンしんちゃんに登場する白い犬、「シロ」の犬種は雑種とされているようですが、マルチーズだという人もいます。
確かにシロに見えなくもない。
白いし。

【特徴と魅力】

マルチーズの特徴と言えば、まずはこれでしょう。
白い!!!
小さい!!!
こんなに毛って伸びるのね!!!
ヨークシャーテリアやシーズーと並んでマルチーズもフルコートにできます。
ちょっとケアが大変ですけどね。
ポメラニアンは英国女王ヴィクトリアの最期の時は看取ったとされていますが、
何を隠そうマルチーズも実はヴィクトリア女王に可愛がられたワンちゃんだったのです。
もともとフランスで愛されてきたマルチーズですが、ヴィクトリア女王がマルチーズを飼い始めて人気が出たんですね。
基本的に穏やかで遊び好きで家族の一員になるのに時間はかからないでしょう!
ただ、被毛が真っ白なので汚れに対するケアもしっかりして、ブラッシングも毎日必要です。
それが苦ではなければ、マルチーズはとても飼いやすいワンちゃんで初心者の方にも向いていると思います!
カラーは白しかないので、真っ白で従順な犬が欲しい!という方にはどハマりなワンちゃんですね!

【歴史】

マルチーズの原産国ははっきりしていませんが、地中海沿岸が原産国となっています!
もともと紀元前1500年頃にフェニキア人の貿易中継点だった地中 海のマルタ島に持ち込まれた犬種です。アジアからきたという説 もあります。 何れにせよ、マルチーズはフランスを経てイギリスに来た犬なんですね。
マルタ島に持ち込まれたためマルタ島が原産国と記載のあるものもありますが、マルタの犬ではありません!
ただ、マルタに持ち込まれてから島の中で独自に発展したという話もあるので、マルタが原産国でも良さそうな気もしますけどね。
マルタの犬でシーズーみたいだからマルチーズって名前になったのかなぁとか考えてたんですが、全く関係ないみたいです。
ちなみにアリストテレスはマルチーズのことをメリテーズと呼んでいたそうです。
メリテーズ、メリテーズ、メリテーズ・・・
あ、マルチーズ!!!
なんとなく響きが同じなことに気づきます!
アリストテレスはメリテーズと呼んでいたのですが、イギリス人の解釈でマルチーズと呼ばれるようになり現在に至ります。
マルチーズは人間の手によってミニチュアトイドッグになったのではなく、最初から小さかったと言われています。
そのことから、
「世界最古の愛玩犬」
とも言われているんですよ!
しかも、日本では1968~1984年の登録犬数のトップ犬種となる ほど人気犬種です!

【名前の由来】

マルチーズと言う名前はどこからついたのでしょう?
実はマルチーズという言葉の英語名は翻訳すると次のようになります。
「マルタ出身」
でもマルタの犬ではないのです。
フェキニア人の貿易中継点であったマルタ島の出身とする意見もありますが、フェキニア人が持ち込んだだけであって、アジアの
犬だと言われたり発祥は地中海周辺だと言われたり様々です。
一応原産国はイタリアということになっています。ちなみにイタリアにはボロニーズという白い犬がいて、マルチー
ズよりもボロニーズの方が一般的な犬です。
マルチーズとボロニーズ・・・確かになんかイタリアっぽく聞こえてきた。
というか、食べ物の名前にしか見えなくなってきた(笑)

【外見】

マルチーズの外見の特徴といえば、やはりこれでしょう!
白い!!!
小さい!!!
こんなに毛って伸びるのね!!!
そんでわたあめみたいだしぬいぐるみみたいだし、とにかく可愛い!!!
マルチーズをフルコートにする方はあまり多くはないかもしれませんが、ショードッグのような犬を目指すのであればフルコートは美しいですよ!
フルコートで座った姿はまるで円錐状に積まれた白砂糖のよう!
そして髭がまるで仙人。
ただ日本ではマルチーズをフルコートにしている方はそこまで多くはないかもしれませんね。
顔まわりを丸くカットするテディベアカットが今は定番ですね!
マルチーズはシングルコートのため抜け毛は少ないのですが、毛が伸びやすいので毎日のブラッシングは必須です!

ではマルチーズの外見の詳細をみていきましょう!

  1. 体高
    25cm(オスとメスで差はない)
  2. 体重
    2~3kg(日本ケネルクラブでは3.2kg以下とされています)
  3. 耳の形
    耳はたれ耳です。目の上後方あたりから付いています。

  4. 黒目でまん丸クリクリお目目。目の周りは黒縁にアイラインがある。
  5. 頭部
    頭部は幅広く丸い。口元と顎に髭がある。頭部から尻尾までの長さは体高よりも長い。
  6. 尻尾
    長い飾り毛が付いている。高めに付いていて、背中にかかるようになっている。
  7. 被毛
    温暖な気候で育ったためかシングルコート。基本は純白なカラーだが、薄いアイボリーも可能となっている。

【性格】

マルチーズの性格はなんと言っても穏やか!
そして活発で元気!遊ぶの大好き!
基本的に白い小型の愛玩犬は適応性に優れていますので、気難しいところもほとんどなく、朗らかなワンちゃんです。
ですので、環境変化に対しても順応しやすいので初めて犬を飼う方にも安心していただけるワンちゃんですね!
ただもちろん動物ですので、気を強くすることもありますので大きな犬にも向かっていくこともあります。知らない人には人見知りもするので、番犬としても活躍するかもしれませんね!

【種類】

マルチーズには種類は特にありません!
被毛のカラーも基本的にピュアホワイトのみです!
薄いアイボリーも可能となっていますが、基本的にホワイトです!

【寿命】

一般的に犬は人間よりも寿命は短くなっています。生まれてから1年で犬は人間でいうと高校2~3年生の年齢になっています。

そして小型や大型などは関係なく24カ月が人間でいう24歳という考え方が一般的です。その後、人間界換算でおおよそ1年に4 歳ずつ歳をとると言われています。ロビンウィリアムズが主演のジャックという、通常の4倍で歳を重ねてしまう早老症をテーマにした映画がありましたね。つまり あれです。犬はジャックです。
マルチーズの平均寿命はと言いますと、12~15歳くらい。
基本的には大型犬に比べて小型犬の方が長生きする傾向があります。
大は小を兼ねると言いますが、寿命に関しては違うみたいですね。
ペット保険会社のアニコム損保による犬種ごとの平均寿命ランキングを参照すると、シーズーは18位で13歳です。
マルチーズのギネス認定歴代最高長寿記録は見つかりませんでしたが、24才まで生きたワンちゃんがいたらしいです。

【希少性】

マルチーズは前述したように種類わけがされているわけではあり ません。カラーも基本ホワイト一色です。ですので希少性という ものはあまりないかもしれません。 大きさ・色・性別・年齢・毛の状態・血統・健康状態・購入の仕方によって値段に差が出るようです。例えばより小さい方が
希少性が高かったり、オスよりメスの方が高額だったりします。

【飼う時にマルチーズを選ぶポイント】

前提として、フィーリングが合うことが1番ではあると思います。
あだち充先生の「タッチ」と言う漫画のワンシーンで、「女には母性愛というものがあってだな、時には男の欠陥が強力な武器になることだってあるんだ!」とありますが、まさにこの通り!
欠点があるからこそ可愛い、と言うことも往々にしてあるのです。なので、良いポイントを全て満たさないと悪い犬!だとは思わないようにくれぐれも注意してください。
とにかく純白で美しい。
そしてモコモコふわふわわたあめみたい。
ついつい寝ぼけていたら食べてしまいそうになるほどですね。
もともとイギリスでは上流階級の人々に飼われていただけあって、気高く気品もあります。マルチーズは被毛がホワイトである必要がありますし、肉球とアイラインがブラックである必要があります。それが純血種の証拠でもあります!
まず前述のようにマルチーズは特に種類分けはされていませんし被毛のカラーも公認されているのはピュアホワイトの一種類のです。
と言うことは逆に言えば、性格などや相性、健康状態などが重要になってくるわけですね!

  1. 健康状態
    健康状態は遺伝することもあるので、親犬に会えるのであればまずは親犬の健康状態を確認してみましょう!
    マルチーズは元気で活発ですので、元気な子かどうかも確認してみて下さいね!
    ワンちゃんの健康状態を見る上で、目・鼻・口・耳・足・尻尾・肛門・被毛はチェックし他方がいいですぞ!
    鼻は綺麗な黒色で適度に湿り気、艶があるといいです!鼻水が出ていないかも確認してみましょう。肉球もきれいな黒色であることを確認したり、肛門をチェックして汚れがないことなどを確認してみましょう。
    あとはそのマルチーズに呼びかけてみて、反応はどうか確認してみてください!
    反応の早さで臆病なのか活発なのかなどがわかると思います!見つめあってみて目の中に生命力が宿っているかどうか、逆にあまりにもギラギラしすぎていないか、確認してみてください!
    被毛の状態も見るといいでしょう!被毛のハリや艶の良さは健康状態を判断する材料となります。特にマルチーズには滑らかで光沢のあるコートがあります。そのほかにも耳の中が変な臭いがしないか、耳垢はないか、耳の中は綺麗なピンク色をしているか、音に反応するか、目ヤニは出てないか、口臭はないか、歯茎は綺麗なピンクをしているか、立ち姿をみて四肢でしっかり凛々しく立っているか、尻尾を振って喜ぶ反応はあるかなど、余裕があれば細かくみてみてください!
    このように可愛い見た目だけにとらわれず、じっくりみてみてください。
  2. 犬の性格
    性格というのは一目じゃなかなかわかりづらいものです。マルチーズは穏やかで朗らかですが、よく遊びまわる活発なワンちゃんです。そして相手が大きな犬だろうと立ち向かっていく勇敢さもあります。番犬としても使えると言われているほどです!ただ、生まれ持った愛嬌と言うものがあります。何もしなくても近寄ってきてくれたり、大人しく抱っこされていたりする子は育てやすい傾向にあります!
    ペットショップなどではまずはアイコンタクトをとって抱っこしてみましょう。あとはブリーダーさんから購入する場合は親犬の性格を見ることによってある程度の性格を予想することもできます。どんなに外見がいいと言っても、内面が凶暴で手がつけられないとなると飼ってから後悔することになりかねないので、買う前に相性をしっかり確認してくださいね!
  3. 親犬について
    親犬を見ることによってある程度どんなマルチーズちゃんかを判断することができます。ただ、ペットショップで親犬を直接見ることは難しいので、ブリーダーさんから直接購入するのも一つの手です。
  4. 価格
    平均的に10~15万円ですが、血統書やすごい親から生まれていたりすると2~30万円を超えることもあります。あとは年間コストとして、マルチーズはトリミング代がかかりますので20万くらいはみておいた方がいいと思います!
  5. 伝染病予防ワクチンの接種の有無 ワクチンはいつ、何回打ったらいいか?これは様々な意見があ って判断に困ります。が、しかし! 生後45~60日前後に最初のワクチンを打っているかどうか、この 確認を必ずしてください。重要なのは、引き渡し前にブリーダー 段階で必ず1回目のワクチンを接種していることです。まずはこ こさえきちんと守っていれば感染症で死ぬということはまずない だろうと考えていただいて大丈夫です!
  6. 血統書 血統にこだわる方は、JKC(ジャパンケネルクラブ)が定める血統書の規定に当てはまると間違い無いですね。父や母、その前の祖先が良質な犬であると値段はより上がる傾向があります。いわゆる馬でいうサラブレッドってやつですね!参考までにJKC(ジャパンケネルクラブ)が規定する一般外貌をご紹介します! 純白な長い被毛におおわれた小型犬である。被毛は真っ直ぐで、体の両側に一様に垂れ下がり、その毛は鼻先から尾の付け根まで 続いているが、容姿は健康的で、均整美を表現していなければならない。

【育て方のコツ】

マルチーズは穏やかな性格ですが、活発で遊ぶのが大好きなワンちゃん!気も強く、大きい犬にも向かっていく勇気もあります!
遊びが大好きなのでいっぱい遊んであげて下さいね!

  1. 社会性を獲得させる
    マルチーズは世界最古の愛玩犬とも言われています。その理由は、昔から可愛がられることを目的として飼われていたためなのです!
    ですのでもともと運動量が多い犬種ではないので「運動をさせる」という意味での散歩はそこまで厳しく徹底しなくてもいいかもしれません。運動という意味では室内での遊びだけでも十分だとも言われています。
    それよりも「社会性をつけるため」という意味で散歩をさせてあげて下さい!
    マルチーズは穏やかで育てやすい犬種ではありますが、それはしつけあってのこと!
    子犬の頃からきちんとしつけないと吠えやすい犬になったりいうことを聞かない犬になってしまって可愛いと思えなくなってしまうかもしれません。散歩は社会性を培うためにもっとも有効な手段と言っても過言ではありません!
    たくさんの人や犬と会わせて社会性を養いましょう!
  2. 上手にお留守番をさせるために
    マルチーズは活発で人懐っこく甘えん坊です!日頃から散歩などは短くていいので毎日させてあげてストレスを発散させてあげましょう!また室内で一緒に遊んだり、家の中を自由に動き回れる時間を作るなどしてストレスを減らしてあげるのもいいですね!また、分離不安と言って、日頃ベタベタとして甘やかし過ぎていると、一人になった時寂しくて寂しくてお留守番がうまくいかないことがあります。可愛いのはわかりますが、ひとりぼっちになった時相当苦しむのを考えてあげてください。愛犬のことを思って、メリハリを持って関わっていきましょう!また、お留守番に慣れさせるために、子供の頃からケージの中で生活する癖をつける、というのも一つの手です!ケージは自分にとって部屋であり、とても落ち着く空間だということを認識させるのです!ケージのなかで食事をし、トイレをし、睡眠も取れれば、お留守番の時も静かにケージの中に入れるようになります!そして大人しくしていれば、帰ってきたご主人が可愛がってくれるということを理解させればとてもいい子な犬になると思います!
  3. トイレの練習
    人間でも下のお世話というのはあまりいいものではありません。部屋中に排泄されてはたまったもんではありません!ですのでトイレの躾はなるべく早く始めましょう!基本的に子犬の時に躾けるのが一番いいです。まずはマルチーズの寝床の近くにトイレを設置して覚えさせましょう。最初のうちは失敗することも多いですが、頭ごなしに怒らず、地道に一緒に成長していくつもりで優しく見守りましょう。まずは大きめのトイレシートから練習していくといいでしょう!汚れたままのシートだと失敗しやすいので、綺麗な環境を保ってくださいね!できたら思いっきり褒めてあげてください!また、トイレには起きたあとや遊んだあとが出やすいと言われていますので、飼い主がタイミングを見て誘導してあげるのもいいです!

【遊び方】

マルチーズは遊ぶのが大好きなワンちゃんです!そして甘えん坊です。人見知りもしやすいワンちゃんですので、散歩をすることで社会性を培うことは早いうちから行うほうがいいでしょう!マルチーズは運動という意味では長時間散歩する必要はないので、ストレス発散や社会化のために散歩をすることでストレスがなくなりお留守番にも抵抗がなくなりやすくなります。ボール遊びや引っ張りあいが大好きですが、引っ張りあいが癖に
なってしまうと引っ張ってはいけないものまで引っ張ってしまうかもしれないので、そこはきちんとしつけましょうね!どんな遊びをしようとも、主導権はきちんと飼い主が持ちましょう!おやつをあげたり撫でてあげたりするのもコミュニケーションという意味で素敵な遊びですよ!甘えん坊で人懐っこいので飼い主と触れてコミュニケーションを取ることで幸せな時間を過ごせるのでストレスも減るでしょう!ただ、甘えさせすぎて分離不安にならないように適度な距離感を持って接してあげて下さいね。褒める時に合わせておやつをあげたり撫でたりしてあげてくださいね!

【お手入れ】

マルチーズは外見がとても美しいですよね!
あの絹のようなコートはキラキラ輝いて見えますよね~~~
ですので、毎日のブラッシングとトリミングは絶対条件です!
あの艶のあるシルキーコートを維持するためには月一回のトリミングケアは絶対です。
トリミングの仕方も色々あって、マルチーズを飼う上での楽しみとなります。
定番のテディベアカット、ボブカット、パピーカット、テリアスタイル、フルコート、ライオンカット、まん丸ヘアーなど・・・
どのカットをするか迷います。

マルチーズはシングルコートなので基本的には抜け毛も少な目です。ただ、毛が細いので絡まりやすいです。毛玉もできやすくなり、毎日しっかりブラッシングしてあげないと皮膚炎になってしまう可能性もあります。毎日ブラッシングすることで、スキンシップコミュニケーション、毛玉予防、血行促進、皮膚病予防になりますので、怠らず行って下さいね!
このように毎日お手入れが必要なものと、定期的に必要なものがあります。

毎日するお手入れ:ブラッシング、目やにのケア、歯磨き
定期的なお手入れ:シャンプー、トリミング、耳掃除、足裏のケア

【病気】

マルチーズがかかりやすい病気として以下のものが挙げられます。

  • 僧帽弁閉鎖不全症
  • 先天性門脈体静脈短絡
  • 膝蓋骨脱臼
  • 大腿骨頭無菌性壊死
  • 水頭症
  • 環軸亜脱臼

【価格の相場】

マルチーズの価格は大きさや色、性別、健康状態、年齢などによって前後していきます。
かなり良い血筋であるなど、特別なものが無い限りはおおよそ5~25万程度でちょっと幅があります。ペットショップなのかブリーダーから直接なのかによっても値段が前後してきます。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。